車関連 一覧

ゴールドカード

  • Category:車関連

 といってもクレジットカードの話しではありません。
 8年ぶりに免許証がゴールドカードになりました。

 マグザムに乗っていた時に車線変更禁止違反でキップを切られ、アスリートで速度オーバーでキップを切られ、ようやくゴールドに戻ることができました。

 これで自動車保険も少しは安くなるでしょうし、今後も安全運転でゴールド免許を続けたいと思います。

最後までご覧いただきありがとうございます。ブログランキングへ投票お願いします。

 にほんブログ村 写真ブログ 写真日記へ blogram投票ボタン

LexusNXに試乗

 またまた大分空いてしまいましたが、3車種目はLexusNXです。

 最初は全く候補ではありませんでした。
 やはりLexusブランドは高根の花、のイメージとセダンが候補だったので、SUVは対象に入ってませんでした。

 試乗することになったのはたまたまLexusのディーラーの前を通った時にNXが展示されていて、一目見てふらふらっと店舗に入ってしまいました。

 寸法は全長4,630㎜、全幅1,845㎜、全高1,645㎜とクラウンと比べ、240㎜短く、50㎜広く、175㎜高くと全くサイズが違います。
 車の種類が違うので当たり前ですが。

 外観はLexusのアイデンティティとなっているスピンドルグリルが印象的で一目でLexusと分かります。
 横から見た印象もかなり立体的な造形で前後とも張り出したフェンダーが迫力です。
    LexusNX2.jpg

 エンジン形式は2500㏄ハイブリッドと2000㏄ターボの2種類、駆動形式はAWDとFFの2種類でそれぞれFスポーツのほか、3種類のグレードがあります。
 なんか非常に受注があるらしく、9月中旬時点でFスポーツの納車は4月以降、それ以外のグレードも年末~年明けとのことでした。
 エンジン形式ではスペックに違いはあれど、クラウンアスリートハイブリッド、スカイライン200GTと同じになります。

 価格的にも300hはクラウンアスリートハイブリッド、200tはスカイライン200GTといい勝負で、これならLexusでも何とか購入対象として考えることができます。

 運転席に座った印象は目線が高く、窮屈な感じはしませんが囲まれ感が強いです。
 運転席を私のポジション(身長178㎝)で後部座席に座ってもクラウンと同じぐらい余裕があります。

 インテリアの質感もかなり高いです。スカイラインもかなり良かったのですが、NXは相当好みです。
 アナログ時計も渋いです。
     LexusNX3.jpg

 まずは話題の200t、ターボモデルに乗りました。
 スカイライン同様、スタートボタンでエンジンがかかり、アクセルを踏むと軽やかなエンジン音とともに進みます。
踏み込んでも静寂性はまずまずでV6エンジンにはかなわないですが、4気筒のがさつさはあまり感じられませんでした。

 次にハイブリッド、300hに乗りました。
 クラウンアスリートハイブリッド同様、とても静かでスペック的にはクラウンが上ですが、市街地では不足を感じませんでした。
 やはりハイブリッドなのでタコメーターの代わりにエコメーターになっていますが、NXはスポーツモードにするとエコメーターがタコメーターに変わります。この辺はポイント高いです。

 街中の加速感は300hのほうが低速トルクがあるように感じました。絶対的なパワーは300hはシステム出力で197馬力、200tは238馬力なので高速などでの加速感は200tが上のようです。
 モードは300h、200tともエコ、ノーマル、スポーツの3種類あり、スポーツ以外は物足りない感じでしたが、スポーツモードにするといずれもきびきび走る感じでクラウンとそん色ない感じでした。
 もっと回転数を上げた時の感じやエンジン音などは短い試乗では確認できませんでした。

 着座位置がセダンと比べて高いので見晴らしが良く、今より50㎜も広い車幅も気になりませんでした。

 全く候補になかったSUVですが、NXに試乗したことでマツダのディーラーにCX-5を見に行ったほどです。
 SUVが人気になるものわかります。

最後までご覧いただきありがとうございます。ブログランキングへ投票お願いします。

 にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(SONY)へ blogram投票ボタン

スカイライン200GT-tに試乗

  • Category:車関連

 ずいぶんと時間が空いてしまいましたが、クラウンアスリートハイブリッドの後はスカイライン200GT-tに試乗しました。

 今回フルモデルチェンジしたスカイラインはV6、3500㏄のハイブリッドモデルとメルセデスからエンジン供給を受けている2000㏄のターボモデルです。

 サイズは全長4,790㎜、全幅1,820㎜、全高1,440㎜と今の車と比べて全長で80㎜短く、全幅で25㎜広くなっており、幅が広くなっているのが若干気になります。
    SKYLINE2.jpg

 運転席に座った印象は先代モデルと比べて窮屈感が格段に薄くなりました。今の車よりはタイトな感じがしますが、それほどでもありません。
 私の運転ポジションに合わせて後部座席にも座ってみましたが、膝に若干の余裕があったくらいです。

 スタートボタンを押すとエンジンがかかります。
 アクセルを踏むとエンジン音とともに車が前に進みます。信号待ちではアイドリングストップし、ブレーキを話すとエンジンが始動します。
 エンジンスタートももたつく感じもなく、違和感も感じませんでした。

 装備も充実しており、中間グレードのタイプPで、本革シート、アラウンドビューモニター、バック連動下向ドアミラー、インテリジェントクルーズコントロール等、ほしい機能がほとんど標準装備されています。
 この辺はクラウンアスリートハイブリッドは負けています。

 ただ、クラウンアスリートハイブリッドとスカイラインと乗り比べて、スカイラインは対象から外れました。

 理由としては、まず、エンジン音が「ガラガラ」といった感じで好きな音ではありませんでした。特に低速時に感じます。最小回転半径もクラウンアスリートハイブリッドが5.2m、スカイラインが5.7mと車庫入れも大変な感じでした。
 エクステリアもどっちが好み?となればクラウンアスリートでした。
 ちなみに家族からはインフィニティのエンブレムが「豚の鼻みたい」と大変不評でした。

 スカイラインも「いつかはクラウン」ではないですが、若い時から乗ってみたい車の一つで、前回購入時も検討しましたが、今回も購入対象から外れました。

最後までご覧いただきありがとうございます。ブログランキングへ投票お願いします。

 にほんブログ村 バイクブログ ハーレーダビッドソンへ blogram投票ボタン

このページの上部へ

プロフィール

現在の愛車:Mercedes-Benz E300
現在のカメラ:LUMIX GX7、NEX-5R

バイク:スカイウェイブ、マグザム、DS11、FLTEX103と乗り継ぎ、バイクはお休み中

サイト内検索

カテゴリ

最近のピクチャ

  • 170219001.jpg
  • 170101002.jpg
  • 170115001.jpg
  • 161120001.jpg
  • 170102map.jpg
  • 161224001.jpg
  • 161211001.jpg
  • 161113001.jpg

最近のコメント

Powered by Movable Type 6.0.4