インカム 一覧

 昨年も必要に迫られ(物欲に負け)、いろんなものを購入しました。

 購入してから年末までの使用感等々、反省も含めてレビューしたいと思います。

 まずは、6月に購入したインカム、B+COMのSB213です。
 有線の煩わしさから解放され非常に使い勝手が良いです。
 有線タイプと較べると通信の安定性が今ひとつですが実用上支障があるほどではありません。
 ペアタイプだと6万円以上と高価ですが、在庫処分で30%引きの45,100円で購入できたこともあり、「買って正解」でした。
     BCOM002.jpg

 8月に購入したソニーのポータブルナビ、NV-U37ですが、車ではナビは欠かせないものになっている一方、バイクでは必要ないと思っていましたが使ってみると便利で、目的地が明確な時や土地勘がないところで早く帰りたいとき等、なかなか便利です。
 普段、音声のみで画面は見ていませんが実用上何の問題もありません。
 音声を聞くためにBluetoothのトランスミッター、MM-BTAD4Nを使用しています。
 電池の持ちがやや悪いですが小型で邪魔になりません。
 当初、インカムSB213で受信していたのですが、インカムの機能とナビ音声の切替が面倒でLBT-AVAR120というレシーバーを購入しました。
 ただ、このレシーバー、バイク走行中に使用するには出力が小さく、ナビの音声を最大にしても実用に耐えませんでした。
 ナビ本体が33.200円、ケースが4,900円、トランスミッターが3,732円、充電器とコネクタが4,979円、結果的に使えなかったレシーバーとヘッドホンが約3千円、合計約5万円となんだかんだと高い買い物になってしまいました。
     ex003.jpg

 そこで購入したのがB+com musicです。10月に購入しました。
 SB213同様、クリアな音質で音量も全く問題ありません。
 高速道路でもボリュームを最大にする必要がないくらいはっきり聞き取ることが出来ます。
 ヘルメットへの固定方法はベルクロですがとれるどころかずれることもありません。
 16,590円と高価ですが、結果的に買って大正解でした。
 「NV-U37+B+com music」のセットはツーリングに欠かせないアイテムの一つとなりました。
     NV-U37_030.jpg

 バイクには直接関係ないですが、ツーリングにはなくてはならないアイテムとなったターボライター、ウィンドミルAWL-10です。
 本当に軽くて、しかも薄くてジーンズのポケットに入れていても邪魔にならない。今となっては本当に「食わず嫌い」を後悔しています。
 4,200円となかなか高価ですが、常に自動車で使えるようにもう一つ買ってしまいました。
     111127001.jpg

 これも10月に購入したブーツです。
 それまでのが底がすり減り、ちょっと滑りやすくなったので購入したのですが、これは最初から滑りやすいです。
 なかなか履きやすくて良いのですが、道路のペイントでも軽く滑るのが難点です。
 約1万円でした。
     111023003.jpg

 最後に購入したのが12月、デジタル一眼レフ、パナソニックのLUMIX D3です。
 厳密にはバイクギア、ではありませんが、気持ち的にも実質的にもツーリングには欠かせません。
 ダブルズームセットで57,800円でした。
 今のところ、一眼レフに四苦八苦していますが、うまく撮影出来たときの綺麗さはやはりコンデジとは違います。
 「買って良かった」と思えるよう、今年は使い方をマスターしたいと思います。
     111223004.jpg

 なんだかんだで2011年に購入したバイクギアの総額は184千円と結構な額を使ってしまいました。
 それでも大きな外れはありませんでしたので、その分、日々の生活を豊かにするような使い方をしていきたいと思います。

最後までご覧いただきありがとうございます。ブログランキングへ投票お願いします。

 にほんブログ村 写真ブログ 写真日記へ blogram投票ボタン

SB213のアップデート

 今まで使用していたインカム「HP-TS50F」のコードが断線してつかえなくなったため、新たに購入したB+COMのSB213。

 無線タイプとなって煩わしさらから解消されて重宝していますが、若干の不満があり、一つは出かける前に必ず充電しておかなければならないこと、もう一つは音質が不安定なことです。
 充電しなければ行けない点については、充電時間が最大で2時間な事と、先日ライコランドにて二つのインカムを同時に充電できるACアダプターを購入してきたのでそれほど苦になりませんが、音質については今までのHP-TS50Fが非常に安定していたので余計に気になります。

 普段はクリアな音質で両耳から聞こえるのでむしろ以前より聞きやすくなっていますし、音量調節も走りながら出来ますので使い勝手は向上しているのですが、時々ハウリングに近いような状態になります。

 何か対処方法がないかとネットで検索してみたところ、販売元であるサインハウスのサイトにSB213のアップデートプログラムを発見しました。

 アップデートプログラムの内容のうち、「B+COM通話の接続安定化」と「ノイズキャンセリング機能の強化」が不満解消に役立ちそうです。
     BCOM_upload.jpg 

 早速のサインハウスのサイトからドライバとプログラムをダウンロードします。

 Windows7ではドライバがそのままでは使用できないので、SB213を接続したときにWindws7が勝手に認識したドライバを「デバイスマネージャー」から更新します。
 ドライバの更新さえすめばアップデートは簡単です。

 アップデート後のSB213を試した結果は、若干安定感が増したような感じですが、それでも時々聞こえづらくなります。これはSB213の問題と言うよりもBluetoothの問題の様な気がしますのでこれ以上はあきらめるしかないでしょう。

 不満と言っても総合的には満足していますので、これからも活用していきます。

最後までご覧いただきありがとうございます。ブログランキングへ投票お願いします。

 にほんブログ村 バイクブログ ハーレーダビッドソンへ  blogram投票ボタン

B+COM SB213のレビュー

 今まで約2年間愛用していたインカム「HP-TS50F」が使用できなくなってしまったため、6月11日に購入したB+COMのSB213。

 早速試してみました。

 充電時間はフル充電で約2時間。ツーリング前日の夜からの充電でも十分間に合います。
 ただ充電後そのままコンセントにつなげておくとバッテリーの劣化につながるらしく、そのままにしておけません。
 その点今までのHP-TS50Fは乾電池式だったので充電の手間がなく便利です。

 フル充電すると10時間持つらしいので日帰りツーリングでは問題なしです。

 スピーカーは今までのモノラルからステレオに変わりましたが音自体が良くなった印象はありません。
 特に聞きやすくなったり聞きづらくなったりもしていません。

 ヘルメットへの取付は今までより重くなりましたが使用していて重量を意識することはありませんでした。

 高速道路では風切り音のせいで聞きづらくなりますが、ボリューム操作がしやすく走行中でも気軽にできます。

 ただマイクのアーム部分が柔らかく風の抵抗でだんだんとマイクがずり上がってきてしまいました。
 タンデムで同乗したかみさんはそんなことがなかったようなので取付方法やマイクの位置を考える必要があるかもしれません。

 いずれにしても今ではインカムはツーリングになくてはならない必須アイテムとなりましたのでより快適につかえる工夫を色々としてみたいと思います。

最後までご覧いただきありがとうございます。ブログランキングへ投票お願いします。

 にほんブログ村 バイクブログ ハーレーダビッドソンへ  blogram投票ボタン

このページの上部へ

プロフィール

現在の愛車:Mercedes-Benz E300
現在のカメラ:LUMIX GX7、NEX-5R

バイク:スカイウェイブ、マグザム、DS11、FLTEX103と乗り継ぎ、バイクはお休み中

サイト内検索

カテゴリ

最近のピクチャ

  • 170602022.jpg
  • 170602001.jpg
  • 170601008.jpg
  • 170601001.jpg
  • 170601-03map.jpg
  • 170528001.jpg
  • 170504001.jpg
  • 170319001.jpg

最近のコメント

Powered by Movable Type 6.0.4