千葉 一覧

謹賀新年2017

 新年あけましておめでとうございます。

 今年も無事新年を迎えることができました。
 昨年同様、まったりと更新していきたいと思います。

 正月は毎年三浦半島の城ヶ島へ星空を見に行くのですが、今年は全くの思い付きで九十九里に行くことにしました。
 理由は、距離はほぼ同じで一般道を走る距離が九十九里のが短い古都です。
 目指すは九十九里有料道路の一宮休憩所です。

 護国寺ICから首都高5号池袋線に乗り、都心環状線、7号小松川線から京葉道路、千葉東JCTから千葉東金道路、東金ICから国道126号線を5km程進んで東金九十九里有料道路を通るコースだとほぼ東に一直線です。
    170102map.jpg

 東金九十九里有料道路を進むと突き当りが九十九里有料道路になるのですが、なんと2018年4月1日より九十九里有料道路は全面通行止め。津波対策の工事だそうです。

 仕方がないので東金九十九里有料道路を降りて一宮方面に2km程進んだ白里海岸に行きました。
 ここなら駐車場もあるので安心です。
    170101map.jpg

 果たして無事星空を見ることができるのかと思いましたが、バッチリ満天の星空でした。
    170101001.jpg

 写真ではオリオン座が何とか確認できるぐらいですが、肉眼ではあまりに星が多く、一見オリオン座が確認できないぐらいです。

 今はちょうど「しぶんぎ座流星群」が見られるとのことで狙っていたのですが、家族は見れたのですが、私は見ることができませんでした。
(すっかり飽きてキョロキョロしていたせいです)

 それでも北斗七星や北極星がものすごくはっきり見えて大満足です。

最後までご覧いただきありがとうございます。ブログランキングへ投票お願いします。

 にほんブログ村 写真ブログ 写真日記へ blogram投票ボタン

 12月24日土曜日、三連休の中日でクリスマスイブに高宕山自然動物園に行ってきました。
 高宕山自然動物園は千葉県富津市にある県立の動物園で夏に岩屋堂磨崖仏に行ったときに立ち寄ろうと思ったのですが、急な激しい雨で立ち寄るのを断念したところです。

 この日は都心環状線がいつもの竹橋JCTで渋滞していたので中央環状線、西池袋ICから高速に乗ります。
 順調に湾岸自動車道、アクアライン、館山富津自動車道に入り、富津中央ICで下ります。
 富津中央ICから一般道を15分ぐらい進むと高宕山自然動物園に到着です。
    161224001.jpg

 高宕山の野生のサルは1956(昭和31)に天然記念物に指定され、そのうちの一部の群れの餌付けに成功し、一般公開しているようです。
    161224002.jpg

 ちょっとした坂を上り入り口で入場料300円を払って中に入ります。

 中は動物園というよりただ山の中腹をフェンスで囲っただけの場所です。
    161224003.jpg

    161224004.jpg

 しかもフェンスの外、通路に普通にサルがいます。
    161224005.jpg

    161224006.jpg

    161224007.jpg

    161224008.jpg

 慣れているのか近寄っても警戒心を見せることはありませんでした。

 入口で餌を販売しており、あげることができるのでそれをわかっているサルたちはフェンス越しに必死で手を伸ばしていました。
   161224009.jpg

 滞在時間は15分ほど。
 入場料600円の上野動物園や多摩動物公園に比べるとまったくもってコストパフォーマンスは低いですが、一生に一度こんなところに来てみるのも良いものです。

 近くにお越しの際はぜひどうぞ。
    161224map.jpg

最後までご覧いただきありがとうございます。ブログランキングへ投票お願いします。

 にほんブログ村 写真ブログ 写真日記へ blogram投票ボタン

 8月のお盆期間の終盤戦に軽くドライブに出かけてきました。

 場所は千葉県富津市の岩屋堂磨崖仏です。
 岩屋堂は大悲山岩谷堂清巌寺と呼ばれ、札所としても上総国札三十三番の結願所だったそうです。
 以前は荒れ果てて誰も近寄らないようなところだったようですが、地元の方が整備したそうです。

 アクアラインから館山自動車道、富津中央ICを下り、車で5~10分ほどのところにその場所はあります。
 国道465線沿いですが、気を付けて見ていないとその場所は見逃してしまうほど目立ちません。

 3~4台の駐車スペースがありましたが、車は一台も止まっていません。
    160818008.jpg

 坂を上っていくと岩肌を削ったようなところが。
    160818001.jpg

 地元の方が用意した休憩スペースだそうです。
    160818002.jpg

 壁面には磨崖仏が並んでいます。
    160818003.jpg

 ほんの短い距離ですが洞窟があり中を通れますが、電気はつきません。
    160818004.jpg

    160818005.jpg

 洞窟はほんの10メートルぐらいでお堂を囲むようにぐるっと回っています。
    160818006.jpg

    160818007.jpg

 見学時間は20分ほどのこぢんまりとした場所でした。
 あっという間に見終わってしまったので近くの高宕山自然動物園に向かったのですが、途中から大雨になり、断念。そのまま南下して愛宕山を超えたところで西に向かい、立ち寄ったのが道の駅「保田小学校」です。
    160818009.jpg

 廃校になった学校を利用した道の駅で改装はされているものの学校の雰囲気が極力残されており、宿泊もできるようです。
    160818010.jpg

 到着したのがちょうどお昼時だったので中の里山食堂でランチにしました。
 学校だった面影が感じられます。
    160818011.jpg

 チョイスしたのは海鮮丼1,300円。小鉢を6種類(ぐらいだったはず)の中から二つ選ぶことができます。
    160818012.jpg

 帰りは渋滞を避けようと道の駅の目の前の鋸南保田ICから館山道に乗り、帰路に着きました。
 おかげで1時間半ほどで帰ってくることができました。

 今日のマップです。
    160818map.jpg
 都内はおかしな感じで直線になっていますが、さすがに山手トンネルを認識してくれません。

 千葉にはDS11、FLTRXで相当行ってますが、まだまだ知らないところがたくさんありますね。

最後までご覧いただきありがとうございます。ブログランキングへ投票お願いします。

 にほんブログ村 写真ブログ 写真日記へ blogram投票ボタン

このページの上部へ

プロフィール

現在の愛車:Mercedes-Benz E300
現在のカメラ:LUMIX GX7、NEX-5R

バイク:スカイウェイブ、マグザム、DS11、FLTEX103と乗り継ぎ、バイクはお休み中

サイト内検索

カテゴリ

最近のピクチャ

  • 170616001.jpg
  • 170603001.jpg
  • 170602031.jpg
  • 170602022.jpg
  • 170602001.jpg
  • 170601008.jpg
  • 170601001.jpg
  • 170601-03map.jpg

最近のコメント

月別アーカイブ

  1. 2017年8月 [2]
  2. 2017年7月 [5]
  3. 2017年6月 [2]
  4. 2017年5月 [3]
  5. 2017年2月 [1]
  6. 2017年1月 [4]
  7. 2016年12月 [5]
  8. 2016年11月 [4]
  9. 2016年10月 [6]
  10. 2016年9月 [6]
  11. 2016年8月 [7]
  12. 2016年7月 [8]
  13. 2016年6月 [6]
  14. 2016年5月 [5]
  15. 2016年4月 [3]
  16. 2016年3月 [4]
  17. 2016年2月 [6]
  18. 2016年1月 [7]
  19. 2015年11月 [6]
  20. 2015年10月 [13]
  21. 2015年9月 [10]
  22. 2015年8月 [10]
  23. 2015年7月 [13]
  24. 2015年6月 [17]
  25. 2015年5月 [18]
  26. 2015年4月 [5]
  27. 2015年3月 [10]
  28. 2015年2月 [16]
  29. 2015年1月 [20]
  30. 2014年12月 [18]
  31. 2014年11月 [17]
  32. 2014年10月 [16]
  33. 2014年9月 [3]
  34. 2014年4月 [3]
  35. 2014年3月 [6]
  36. 2014年2月 [5]
  37. 2014年1月 [1]
  38. 2013年12月 [9]
  39. 2013年11月 [1]
  40. 2013年10月 [6]
  41. 2013年9月 [4]
  42. 2013年8月 [4]
  43. 2013年7月 [18]
  44. 2013年6月 [5]
  45. 2013年5月 [3]
  46. 2013年4月 [6]
  47. 2013年3月 [3]
  48. 2013年2月 [2]
  49. 2013年1月 [9]
  50. 2012年12月 [10]
  51. 2012年11月 [13]
  52. 2012年10月 [10]
  53. 2012年9月 [2]
  54. 2012年7月 [6]
  55. 2012年6月 [7]
  56. 2012年5月 [11]
  57. 2012年4月 [17]
  58. 2012年3月 [16]
  59. 2012年2月 [8]
  60. 2012年1月 [19]
  61. 2011年12月 [15]
  62. 2011年11月 [12]
  63. 2011年10月 [14]
  64. 2011年9月 [14]
  65. 2011年8月 [8]
  66. 2011年7月 [5]
  67. 2011年6月 [9]
  68. 2011年5月 [4]
  69. 2011年2月 [2]
  70. 2011年1月 [4]
  71. 2010年12月 [1]
  72. 2010年11月 [1]
  73. 2010年10月 [3]
  74. 2010年9月 [1]
  75. 2010年7月 [3]
  76. 2010年6月 [6]
  77. 2010年5月 [3]
  78. 2010年4月 [1]
  79. 2010年3月 [4]
  80. 2010年1月 [1]
  81. 2009年12月 [5]
  82. 2009年11月 [5]
  83. 2009年10月 [7]
  84. 2009年9月 [6]
  85. 2009年8月 [10]
  86. 2009年7月 [9]
  87. 2009年6月 [12]
  88. 2009年5月 [9]
  89. 2009年4月 [5]
  90. 2009年3月 [13]

Powered by Movable Type 6.0.4