福井 一覧

 3日目白川郷からの続きです。

 白川郷を12時30分過ぎに出て、この後の予定を全く考えてなかったので再度道の駅に戻り、いろいろ検討した結果、まさかの恐竜博物館に行くことにしました。
 恐竜博物館は福井県の勝山市にあって2日目に行った越前大野城の目と鼻の先にあります。
 地図を見てみると白川郷からは白山を挟んでちょうど反対側、ルートとしては西側の白山白川郷ホワイトロードトを通っていくか、東側の東海北陸自動車道から白山を回り込むような形で行くかのいずれかでした。
 東海北陸自動車道からだと昨日行った九頭竜湖を通ることになるので、白山白川郷ホワイトロードを通りたかったのですが、残念ながら全線開通が翌日の6月4日から。
 諦めて東海北陸自動車道から九頭竜湖、大野市内を抜けて勝山市に向かいました。
 こんなことなら前日、東尋坊には向かわず、越前大野城から恐竜博物館、九頭竜湖経由で白川郷から金沢へと向かえばよかったとちょっぴり後悔です。

 なんだかんだで約2時間、ようやく恐竜博物館に到着しました。
    160603033.jpg

 福井県立恐竜博物館は2000(平成12)年にオープンした、展示の量、質とも日本を代表する恐竜博物館だそうです。
 目玉はなんといっても福井県で発掘されたフクイサウルスとフクイラプトルの復元骨格標本でしょう。

 入口を入るとまずはエスカレーターで下に降りていきます。
    160603034.jpg

 中は結構広くて本当にすごい展示の数々で圧倒されます。
    160603035.jpg

    160603036.jpg

    160603037.jpg

    160603038.jpg

    160603039.jpg

    160603040.jpg

    160603041.jpg

    160603042.jpg

    160603043.jpg

 ちょっと意外だったのが男女問わず私と同世代の人たちが一人で見学に来ているのが結構多かったこと。
 みなさん真剣に見ていました。

 1時間ちょっと堪能して博物館を出たのは16時前、福井市内に戻って中部縦貫自動車道の永平寺ICから乗り、北陸自動車道を南下、3日目の宿泊地、岐阜県の大垣駅前に着いたのは18時近くになってしまいました。
 この日はさすがに疲れて駅からほど近いところにある、地元の一杯飲み屋で軽く食事し、早めに寝ることにしました。

 今日のマップです。
    160603map.JPG

 大野市内-九頭竜湖間を2日間で3回通るといった無駄なことをしてしまいました。

 北陸・中部の旅の最終日、4日目に続きます。

最後までご覧いただきありがとうございます。ブログランキングへ投票お願いします。

 にほんブログ村 写真ブログ 写真日記へ blogram投票ボタン

 2日目の続きです。 

 九頭竜ダムのあとは来た道を戻って福井市内方面に向かいます。
 福井市内の手前にある、一乗谷朝倉氏遺跡に立ち寄ります。

 一乗谷朝倉氏遺跡は一乗谷川下流沿いの細長い一乗谷に築かれた城下町と館跡だそうです。
 もともと朝倉氏が支配していたらしいのですが、その後、越前八郡を与えられた柴田勝家が本拠を北ノ庄(後の福井城)に構えたため田畑に埋もれていったそうです。
    160602019.jpg

    160602020.jpg

 先ほどの門をくぐると広大な敷地になっており、立派なお屋敷だったことが伺えます。
    160602021.jpg

 当時の城下町を再現した街並みを見ることができます(有料)。
    160602022.jpg

    160602023.jpg

    160602024.jpg

    160602025.jpg

    160602026.jpg

    160602027.jpg

 この後は福井県内で越前大野城の他にもう一つどうしても行きたかった場所へ向かいつつ、本日の宿泊地、金沢へ向かいます。

 一乗谷朝倉氏遺跡からは福井市内を通って北上していったのですが、途中小腹がすいたので、軽く食事をすることにしました。
 道の駅で食べることができなかった越前そばです。
    160602028.jpg

 越前そばはそばの上におろしが乗っていてそこに出汁をかけて食べる福井県嶺北地方のそばの食べ方です。
 福井といえば越前そばとソースカツ丼、のイメージがあり、ソースカツ丼を食べちゃうと夜がつらいので越前そばにしました。

 食事後、福井市内を抜け、一般道を北北西に進んで行って到着したのがこちらです。
    160602029.jpg

 今回、越前大野城と並んでいきたかった場所、東尋坊です。
 東尋坊は海食により海岸の岩肌が削られ高さ25メートルの岸壁が続いており、国の天然記念物に指定されています。
 東尋坊という名前はここから突き落とされたお坊さんの名前に由来しているそうです。
 私にはサスペンスドラマのイメージしかありません。

 福井には出張で何度か来ているのですが、当然一度も来たことがなく、ようやく来ることができました。
    160602030.jpg

    160602031.jpg

    160602032.jpg

 東尋坊のあとは北陸自動車道に乗り、本日の宿泊地、金沢へ。
 無事、金沢東急ホテルにつき、夜は「赤玉」というおでん屋へ。
 赤玉行ったら必ず食べろとおススメされた牛すじとのどぐろの塩焼きで一杯。
 すっかり堪能して、就寝しました。

 2日目のマップです。
    160602map.JPG

 3日目に続きます。

最後までご覧いただきありがとうございます。ブログランキングへ投票お願いします。

 にほんブログ村 写真ブログ 写真日記へ blogram投票ボタン

 北陸・中部の旅2日目となる6月2日木曜日。
 この日最初に向かったのは今回の旅のメインイベント、越前大野城です。
 福井市内から国道158号を進むと30分ちょっとで到着します。
 8時ちょっとすぎに出発しましたので、ガソリン補給しても9時前には到着しました。

 越前大野城は織田信長の家臣だった金森長近が築いた山城で最近では「天空の城、大野城」としてアピールしているようです。
 自動販売機にもこんな風に写真が貼付されています。
    160602001.jpg

 町営の無料駐車場から山道を登っていきますが、まずは山門からスタートです。
    160602002.jpg

 登っていくのは階段近道コースとゆっくり遊歩道コースがありますが、階段近道コースは結構しんどいです。
    160602003.jpg

 紅葉の季節は素晴らしい景色なんでしょうね。
    160602004.jpg

 で、しばらく登るとようやく城が見えてきました。
    160602005.jpg

 これが天空の城、越前大野城です。
    160602006.jpg

 天守からの眺め。田んぼが広がっています。
    160602007.jpg

 別方向からの眺め。集落があるのが分かります。
    160602008.jpg

 となればジオラマです。
    160602009.jpg

 越前大野城を堪能して、山を下ります。
 次の目的地は道中で見つけた看板を頼りに向かいます。

 その目的地の途中にあったのが道の駅九頭竜です。
 ここは九頭竜湖駅に併設されている道の駅になっています。
    160602010.jpg

 そしてこの道の駅には福井の名物?恐竜のオブジェがあります。
    160602011.jpg

 この恐竜、定期的に動いて雄たけびを上げます。
 「恐竜博物館も時間があれば行ってみたいね」なんていっていたのですが、ろくに調べもしなかったのが後で大変なことになります。

 この道の駅には食堂があったので、早めの昼食です。舞茸そばです。
    160602012.jpg

 道の駅九頭竜から更に山を登っていくと到着したのが九頭竜ダムです。
    160602013.jpg

 九頭竜ダムは九頭竜川に建設された高さ128メートルのロックフィルダムだそうです。
 やはり上から見ると結構な高さです。
    160602014.jpg

    160602015.jpg

    160602016.jpg

 もちろんダムカードもしっかり頂いてきました。
    160602017.jpg

 そしてもう一つ気になったのが箱ケ瀬橋。九頭竜湖にかかる橋で別名「夢のかけはし」とも呼ばれているそうで、なんと瀬戸大橋のプロトタイプとして建設されたそうです。
    160602018.jpg

 幅は車一台やっと通れる感じで渡った先にも道があるようなのですが、こちらも車一台通るのがやっとと言った感じで渡ったのですが、引き返してきました。

 2日目も長くなってしまいましたので続きます。

最後までご覧いただきありがとうございます。ブログランキングへ投票お願いします。

 にほんブログ村 写真ブログ 写真日記へ blogram投票ボタン

このページの上部へ

プロフィール

現在の愛車:Mercedes-Benz E300
現在のカメラ:LUMIX GX7、NEX-5R

バイク:スカイウェイブ、マグザム、DS11、FLTEX103と乗り継ぎ、バイクはお休み中

サイト内検索

カテゴリ

最近のピクチャ

  • 170924005.jpg
  • 170923001.jpg
  • 170901001.jpg
  • 170831001.jpg
  • 170828001.jpg
  • 170829001.jpg
  • 170824001.jpg
  • 170709001.jpg

最近のコメント

月別アーカイブ

  1. 2017年10月 [3]
  2. 2017年9月 [5]
  3. 2017年8月 [4]
  4. 2017年7月 [5]
  5. 2017年6月 [2]
  6. 2017年5月 [3]
  7. 2017年2月 [1]
  8. 2017年1月 [4]
  9. 2016年12月 [5]
  10. 2016年11月 [4]
  11. 2016年10月 [6]
  12. 2016年9月 [6]
  13. 2016年8月 [7]
  14. 2016年7月 [8]
  15. 2016年6月 [6]
  16. 2016年5月 [5]
  17. 2016年4月 [3]
  18. 2016年3月 [4]
  19. 2016年2月 [6]
  20. 2016年1月 [7]
  21. 2015年11月 [6]
  22. 2015年10月 [13]
  23. 2015年9月 [10]
  24. 2015年8月 [10]
  25. 2015年7月 [13]
  26. 2015年6月 [17]
  27. 2015年5月 [18]
  28. 2015年4月 [5]
  29. 2015年3月 [10]
  30. 2015年2月 [16]
  31. 2015年1月 [20]
  32. 2014年12月 [18]
  33. 2014年11月 [17]
  34. 2014年10月 [16]
  35. 2014年9月 [3]
  36. 2014年4月 [3]
  37. 2014年3月 [6]
  38. 2014年2月 [5]
  39. 2014年1月 [1]
  40. 2013年12月 [9]
  41. 2013年11月 [1]
  42. 2013年10月 [6]
  43. 2013年9月 [4]
  44. 2013年8月 [4]
  45. 2013年7月 [18]
  46. 2013年6月 [5]
  47. 2013年5月 [3]
  48. 2013年4月 [6]
  49. 2013年3月 [3]
  50. 2013年2月 [2]
  51. 2013年1月 [9]
  52. 2012年12月 [10]
  53. 2012年11月 [13]
  54. 2012年10月 [10]
  55. 2012年9月 [2]
  56. 2012年7月 [6]
  57. 2012年6月 [7]
  58. 2012年5月 [11]
  59. 2012年4月 [17]
  60. 2012年3月 [16]
  61. 2012年2月 [8]
  62. 2012年1月 [19]
  63. 2011年12月 [15]
  64. 2011年11月 [12]
  65. 2011年10月 [14]
  66. 2011年9月 [14]
  67. 2011年8月 [8]
  68. 2011年7月 [5]
  69. 2011年6月 [9]
  70. 2011年5月 [4]
  71. 2011年2月 [2]
  72. 2011年1月 [4]
  73. 2010年12月 [1]
  74. 2010年11月 [1]
  75. 2010年10月 [3]
  76. 2010年9月 [1]
  77. 2010年7月 [3]
  78. 2010年6月 [6]
  79. 2010年5月 [3]
  80. 2010年4月 [1]
  81. 2010年3月 [4]
  82. 2010年1月 [1]
  83. 2009年12月 [5]
  84. 2009年11月 [5]
  85. 2009年10月 [7]
  86. 2009年9月 [6]
  87. 2009年8月 [10]
  88. 2009年7月 [9]
  89. 2009年6月 [12]
  90. 2009年5月 [9]
  91. 2009年4月 [5]
  92. 2009年3月 [13]

Powered by Movable Type 6.0.4