2012年11月足尾銅山・小中大滝 一覧

 その1からの続きです。

 今回泊まった宿はいつもの山屋蒼月です。
     121110001.jpg

 ここは部屋付き露天風呂で夕食は部屋食ながら割とリーズナブルな値段で、食事も山の幸がメインでとてもおいしく、間違っても刺身なんか出てこない、とても落ち着く宿です。

 庭も広く、ここでも紅葉を楽しむことができました。
     121110002.jpg

     121110003.jpg

     121110004.jpg

     121110005.jpg

     121110006.jpg

     121110007.jpg

 ゆっくり目に宿を出発し、赤城山にいきました。

 ただ、山頂付近の紅葉はすっかり終わっていました。
     121110008.jpg

 以前近くまで来ながらいけなかった「血の池」にいくことにします。
     121110009.jpg

     121110010.jpg

 ただ、池に水があるのは梅雨時期から夏の間だけだそうです。
     121110011.jpg

 リベンジを果たしたところで帰路につきます。

 帰りは北関東自動車道、駒形ICから乗り、関越道経由で練馬ICで下りました。

 早めに帰ったこともあり、渋滞もなく無事到着しました。

 やっぱり温泉って半年に一度はきたくなります。

   

最後までご覧いただきありがとうございます。ブログランキングへ投票お願いします。

 にほんブログ村 バイクブログ ハーレーダビッドソンへ  blogram投票ボタン

 今年は夏休みがとれなかったのですが、ようやく落ち着いてきたので11月8日の金曜日に有休を取り、一泊で小旅行に出かけることにしました。

 ちょうど紅葉シーズンでもあり、行こうと思いながら行っていなかった小中大滝に行くことにしました。今回は残念ながらFLTRXではなく、車でドライブです。

 自宅を9時頃出発、東池袋ICから首都高池袋線、首都高川口線を経由して東北道を目指します。
 思ったより車は多かったのですが、特に渋滞もなく、順調に北関東自動車道に入ります。

 太田桐生ICで高速を降り、国道50号線から国道122号線に入ります。
 50号線はそれなりに車は多かったものの122号線は快適です。

 とりあえず草木ダムで一休み。
    121109001.jpg

 国道122号線を戻り、すぐの「小中」交差点を右折して山道に入っていきます。
 車が一台通るのがやっとの道を7~8kmほど進むと目的地、小中大滝の入り口に到着です。

 駐車場はあるのですが、5台止めるのがやっとで、道路にも7~8台止まっていました。
 ついたときにちょうど一台出るところだったので止めることができました。

 駐車場のそばの紅葉もきれいです。
     121109008.jpg

     121109002.jpg

     121109007.jpg

     121109009.jpg

     121109011.jpg

 紅葉を堪能したところで小中大滝に向かいます。
     121109010.jpg

 小中大滝に行く途中に「けさかけ橋」という最大傾斜44度の吊り橋があります。
     121109006.jpg

> かなり急ではありますが、傾斜部分は階段状になっており、また橋もしっかりしているので怖さは感じませんでした。

 橋を渡ると小中大滝です。
     121109003.jpg

 かなり大きい滝で紅葉もとてもきれいでした。
     121109004.jpg

     121109005.jpg

 平日にもかかわらずたくさんの人がいて、この季節は土日だときっと大変なことになるのでしょうね。

 小中大滝と紅葉を堪能した後は国道122号線に戻り、再び草木ダムの前を通って足尾方面に向かいます。

 今まで何度も通っていながら一度も行ったことのない、足尾銅山に向かいます。
     121109012.jpg

 入場料、大人一人800円を支払い、中に入るとすぐにトロッコ列車に乗ります。
     121109013.jpg

 5分ほどトロッコ列車に揺られてそのまま坑内に入っていきます。
     121109014.jpg

 足尾銅山は1550年に2人の農民により発見され、江戸時代には年間1,200トンの産出量を誇った銅山ですが、1973年に400年の歴史に幕を閉じ、閉山し、1980年に足尾銅山観光として再出発したらしいです。

 総延長は1,234kmで東京?博多間に匹敵する距離だそうです。
     121109015.jpg

     121109016.jpg

 そのうち、観光でみれるのは700メートルほどだそうです。
     121109017.jpg

     121109018.jpg

     121109019.jpg

     121109020.jpg

     121109021.jpg

    121109022.jpg

 坑内見学が終わると展示スペースがあります。
     121109023.jpg

     121109024.jpg

 銅のインゴット。20kgあるそうで、ちょっとだけ持ち上げることができます。
     121109025.jpg

     121109026.jpg

 展示が終わると坑内の入り口に出ます。
     121109027.jpg

     121109028.jpg

    121109029.jpg

 すぐそばに資料館があり、中には江戸時代に寛永通宝を鋳造していた当時の様子や昔の貨幣が展示してありました。
    121109030.jpg

 最近は全くみることがなくなった二千円札もありました。
    121109031.jpg

 足尾銅山観光を後にします。
    121109032.jpg

 まだ宿に入るには時間が早かったので、足尾銅山のちょっと先、足尾ダムにいきました。
    121109033.jpg

 帰り際、銅山の名残でしょうか。朽ち果てた煙突のようなものがありました。
    121109034.jpg

 だいぶ日が傾いてきましたので、国道122号線を戻り、宿に向かいます。

 その2に続きます。

最後までご覧いただきありがとうございます。ブログランキングへ投票お願いします。

 にほんブログ村 写真ブログ 写真日記へ blogram投票ボタン

このページの上部へ

プロフィール

現在の愛車:Mercedes-Benz E300
現在のカメラ:LUMIX GX7、NEX-5R

バイク:スカイウェイブ、マグザム、DS11、FLTEX103と乗り継ぎ、バイクはお休み中

サイト内検索

カテゴリ

最近のピクチャ

  • 170504001.jpg
  • 170319001.jpg
  • 170219001.jpg
  • 170101002.jpg
  • 170115001.jpg
  • 161120001.jpg
  • 170102map.jpg
  • 161224001.jpg

最近のコメント

Powered by Movable Type 6.0.4