マッサージ効果

【種類別】マッサージの効果①

マッサージには様々な種類がありますが、種類によって効果も違ってきます。
今回はマッサージの種類別にどのような効果があるのか注意すべき点はあるのかを紹介していきたいと思います。

タイ古式マッサージ

タイ古式マッサージは一般的なマッサージとは違い、こっている部分だけをいきなりほぐすのではなく、全身の筋肉のストレッチでしっかり伸ばしながら悩みの箇所にアプローチしていきます。

タイ古式マッサージ効果

・血液とリンパ液の流れを促進する
・デットクス効果
・高血圧や糖尿病といった生活習慣病の改善
・女性の便秘や冷え性
・アレルギー ・生理不順 ・風邪予防 など

 
 注意

①食後1時間以内のマッサージは避けましょう
タイ式マッサージは腹部のマッサージも行います。ダイナミックな体勢にもなりますので食後だと胃腸に負担がかかる場合があります。

②生理中の場合は伝える
タイ古式マッサージは生理中であっても問題なく施術できますが、全身の血行が促進されるので出血量が増える場合があります。

③体が固い人は受けれない?
タイ古式マッサージはダイナミックなストレッチを行うので体が固いと受けられないと思うかもしれませんが、筋肉を柔らかくしながら施術するので心配はいりません。ですが、脱臼癖がある方や関節等に痛みや炎症があるかた過去に大きな怪我をされた方は事前に施術者に伝えましょう。
 
 

カイロプラクティック

カイロプラクティックは施術を受ける事で人間本来がもっている体を修復する機能を正常に働かせる事を目的として行われます。

カイロプラクティック効果

・肩こり、腰痛、背部痛、股関節痛、膝
・生理痛や冷え性
・猫背の改善

 
 注意

①食事を避ける
タイ古式マッサージ同様、施術を受ける1~2時間前の食事は避けた方がいいです。
血液が体に分散されてしまって胃に血液が不足してしまい消化不良をおこしてしまう可能性があります。

②睡眠を十分にとる
体が疲労している状態で施術を受けると体が睡眠を優先しようとして拒絶反応を起こす事があります。その結果、思ったような効果が得られなくなってしまうので、施術を受ける前日はしっかりと睡眠をとる事が大切です。

③外傷の経験がある方は注意
過去に交通事故で大きな衝撃を受けて怪我を負った経験のある方はカイロプラクティックを受ける事にたいして注意が必要です。
新たな部にまで痛みを発祥する場合があります。
 
 
 
「アロマトリートメント」「リンパマッサージ」「リフレクソロジー」についても知りたい方は【種類別】マッサージ効果②をご覧下さい。