マッサージ効果

【種類別】マッサージの効果②

マッサージの効果①では「タイ古式マッサージ」「カイロプラクティック」についてご紹介いたしましたが、今回は「アロマトリートメント」「リンパマッサージ」「リフレクソロジー」について紹介いたします。

アロマトリートメント

ハーブや花、果実、葉などから抽出したエッセンシャルオイル(精油)にキャリアオイルを混ぜたものを使用して顔や体のマッサージをすることです。

アロマトリートメント効果

・疲労回復とリラックス
・代謝を良くしむくみ解消
・血色の良い艶肌に
・便秘・消化器系のトラブル回避

 
 注意

①当日の入浴や体を洗うのは辞めよう
精油(アロマオイル)を使ってマッサージした後は皮膚から精油の成分が吸収され約2時間かけて全身を巡ると言われています。
キャリアオイルの保湿効果も含め、せっかくの効果はしっかり取り込みましょう。

②可能なら寝ましょう
もし寝れる環境にあるのなら時間が許すかぎりゆっくり寝ましょう。
効率良くエネルギー回復できるチャンスです!!
 
 

リンパマッサージ

リンパマッサージは流れが悪くなったリンパの循環を外部からの刺激(マッサージ)によって改善していく手法です。

リンパマッサージ効果

・免疫力の強化
・疲労回復 ・生理痛、冷え性
・ダイエット効果

 
 注意

①強い力でマッサージしない
適切に行えばむくみの改善が期待されるリンパマッサージですが間違った方法で行うと逆効果になります。
サロンに行く等の場合は一応プロなのでそんなに強い力で施術する事はないと思いますが、自分でする場合は注意して下さい。強く押すとリンパの流れが止まってしまう事もあります。

②食後2時間後に
血行が促進されて血液が全身を巡るので胃に行くはずだった血液の量が減ってしまい消化不良になる可能性もありますので、食後2時間は置いてマッサージして下さい。

③体調が良い時に
飲酒後や体調不良や怪我の時に施術してしまうと症状を悪化させる場合もありますので注意して下さい。
 
 

リフレクソロジー

足裏を痛気持ちいぐらいに刺激して全身の臓器や器官に間接的に働き掛けます。ツボ押しとは違い、「反射区」を押します。

リフレクソロジー効果

・新陳代謝の活発
・自然治癒力、免疫力向上
・太りづらい体づくり ・病気になりにくい体づくり
・健康維持 など

 
 注意

①飲酒後 ②発熱 ③出血や捻挫など ③水虫や感染症 ④その他重い病気
これらの時はリフレクソロジーは控えて下さい。
また妊娠中は体に負担がかかってしまう可能性もあるので自分では行わず必ず知識のある専門の施術者に行ってもらいましょう。