タグ「GrandSeiko」の一覧

 先月購入した機械式時計、グランドセイコーのSBGR055。
    141215006.jpg

 約二か月間使用してみての感想ですが、一番気にかかっていた時間の誤差は、カタログ値は日差+10秒~-1秒となっていますが、今現在で+5秒といった感じです。

 購入した翌日にいったん合わせてから、約一か月間調整していません。
 5秒ぐらいであれば全く問題ないです。
 これであれば、一か月に一度ぐらい確認すればいいのかなって感じです。

 あとは特にありませんが、すっかり手になじみました。
 以前使用していた時計よりもかなり重いですが、全く重さが気になりません。

 裏蓋がクリアガラスになっていて中の機械が見えるのですが、たまにふと見入ってしまうこともあります。
    141215007.jpg

 そういえば購入時におまけとして小銭入れをもらいました。
 おまけといえ革製で安っぽい感じはありません。
    141215008.jpg

    141215009.jpg

    141215010.jpg

 でも普段から小銭入れを使う習慣がないのでこのままお蔵入りかもしれません。

最後までご覧いただきありがとうございます。ブログランキングへ投票お願いします。

 にほんブログ村 写真ブログ 写真日記へ blogram投票ボタン

SBGR055 開封の儀

 先日購入した腕時計、グランドセイコーSBGR055。

 当然ながらそのまま開封するわけもなく、記録しながら開封しました。

 購入したのはビックカメラ新宿東口店、いわゆるビックロですが、袋はグランドセイコーのものです。
    141215001.jpg

 まずは外箱。
    141215002.jpg

 そして時計の収納ボックス。
    141215003.jpg

 いずれにしても高級感があります。
 そしてふたを開けると・・・
    141215004.jpg

 拡大します。
    141215005.jpg

 ネットで評判なんかを見てみると「最高の普通」なんてありますが、とても普通とは思えないです。
 外装やパーツの一つ一つを見ても、職人さんの丁寧な作りが素人目にもわかります。

 値段的なこともあるのでしょうが、海外ブランドの高級腕時計と比較して、一段下の評価が多いようですが、さすが日本が世界に誇る最高の腕時計だと思います。

 今まで腕時計には思い入れとか感じなかったのですが、さすがに所有してみるとコレクターの方の気持ちがちょっとだけわかる気がします。

 時計の第一の目的は「時間を見る」ことですから、グランドセイコーの機械式の基準である「日差+10秒~-1秒」というのがその目的を果たすものなのか、また、グランドセイコーがどれだけの精度で作られたものなのか、いずれまた検証してみたいと思います。
    141215006.jpg

 今日は大晦日ですね。

 来年もボチボチ更新していきたいと思いますのでよろしくお願いします。

最後までご覧いただきありがとうございます。ブログランキングへ投票お願いします。

 にほんブログ村 写真ブログ 写真日記へ blogram投票ボタン

グランドセイコー

 私は長年、オンもオフも腕時計は一本で通してきました。
 だいたい、3万円から5万円ぐらいものもを購入し、調子が悪くなるころに買い替え、という感じで、おおよそ5~6年サイクルで購入する感じでした。

 2年半ほど前に電池交換をする際、3週間ぐらいかかるということで休日用にFOSSILというブランドの時計を購入し、平日はメタルバンド、休日は革バンドのFOSSILと使い分けていました。
     120523001.jpg

 若いころからなぜか「50歳になったらロレックス」と「いつかはクラウン」的な発想でいましたが、今回仕事用に使用していた腕時計が止まってしまい、買い替えの時期に来てしまいました。

 48歳を目前にして、今新しいのを購入すれば次に購入するのは53~4歳ということもあり、前倒しでロレックスを購入するべく、時計屋さんを見て回りました。

 が、どれを見てもどうもしっくりきません。腕に合わせてみたりもしましたが、なんか似合わないんですよね。
 もう10歳若ければ、購入していたかもしれませんが、どうも今の私には合いそうもありませんでした。

 どうしようか考えていたところ、「日本にはクラウンがあるようにグランドセイコーがあるじゃないか」ということに気づき、今度はグランドセイコーを見に行ったところ、やっぱりありました。
 ロレックスより断然グランドセイコーです。

 正直、目移りして決められずカタログをもらって帰りました。

 複数の時計を使い分けるような趣味はないので、定年(65歳として)まで17年間使用するために、品質はもちろんのこと、飽きのこないデザインを選びました。

 結果、購入したのはSBGR055です。
    141215000.jpg

 グランドセイコーにはムーブメントが3種類あり、高級時計によくある機械式、セイコーが世に送り出したクオーツ、そして機械式ながらクオーツの精度を求めたスプリングドライブです。
 どれも魅力的でカタログでは絞り込めず、それぞれのムーブメントで何とか一つずつ候補を選び、実際に店頭で見てきました。

 クオーツはとても軽いのですが、秒針の動きがクオーツ特有の動きで、一秒一秒確かめるような動きです。
 一方、機械式の二つはとてもなめらかな動きで、とても品格を感じるものでした。
 スプリングドライブで選んだものはブライトチタンのもので見た目とは違い、とても軽く良かったのですが、唯一残念だったのは充電メータがカタログで見る以上に目立っていました。

 機械式のSBGR055は160gあり、3種類の中でも断トツに重く、最初手にはめたときは「相当重いな」と思いましたが、最終的にこれを選んでサイズ調整をしてもらったところ、重さを感じないぐらい手にしっくりきました。

 40年近くサラリーマン生活を続けて初めて購入した高級と呼ばれる腕時計。
 大事に使っていきたいと思います。

最後までご覧いただきありがとうございます。ブログランキングへ投票お願いします。

 にほんブログ村 写真ブログ 写真日記へ blogram投票ボタン

このページの上部へ

プロフィール

現在の愛車:Mercedes-Benz E300
現在のカメラ:LUMIX GX7、NEX-5R

バイク:スカイウェイブ、マグザム、DS11、FLTEX103と乗り継ぎ、バイクはお休み中

サイト内検索

カテゴリ

最近のピクチャ

  • 170930001.jpg
  • 170923005.jpg
  • 170924005.jpg
  • 170923001.jpg
  • 170901001.jpg
  • 170831001.jpg
  • 170828001.jpg
  • 170829001.jpg

最近のコメント

月別アーカイブ

  1. 2017年11月 [1]
  2. 2017年10月 [4]
  3. 2017年9月 [6]
  4. 2017年8月 [4]
  5. 2017年7月 [5]
  6. 2017年6月 [1]
  7. 2017年5月 [4]
  8. 2017年2月 [1]
  9. 2017年1月 [4]
  10. 2016年12月 [5]
  11. 2016年11月 [4]
  12. 2016年10月 [6]
  13. 2016年9月 [6]
  14. 2016年8月 [6]
  15. 2016年7月 [9]
  16. 2016年6月 [7]
  17. 2016年5月 [5]
  18. 2016年4月 [4]
  19. 2016年3月 [4]
  20. 2016年2月 [6]
  21. 2016年1月 [7]
  22. 2015年11月 [6]
  23. 2015年10月 [13]
  24. 2015年9月 [10]
  25. 2015年8月 [10]
  26. 2015年7月 [13]
  27. 2015年6月 [17]
  28. 2015年5月 [18]
  29. 2015年4月 [5]
  30. 2015年3月 [10]
  31. 2015年2月 [16]
  32. 2015年1月 [20]
  33. 2014年12月 [18]
  34. 2014年11月 [17]
  35. 2014年10月 [16]
  36. 2014年9月 [3]
  37. 2014年4月 [3]
  38. 2014年3月 [6]
  39. 2014年2月 [5]
  40. 2014年1月 [1]
  41. 2013年12月 [9]
  42. 2013年11月 [1]
  43. 2013年10月 [6]
  44. 2013年9月 [4]
  45. 2013年8月 [4]
  46. 2013年7月 [18]
  47. 2013年6月 [5]
  48. 2013年5月 [3]
  49. 2013年4月 [6]
  50. 2013年3月 [3]
  51. 2013年2月 [2]
  52. 2013年1月 [9]
  53. 2012年12月 [10]
  54. 2012年11月 [13]
  55. 2012年10月 [10]
  56. 2012年9月 [2]
  57. 2012年7月 [6]
  58. 2012年6月 [7]
  59. 2012年5月 [11]
  60. 2012年4月 [17]
  61. 2012年3月 [16]
  62. 2012年2月 [8]
  63. 2012年1月 [19]
  64. 2011年12月 [15]
  65. 2011年11月 [12]
  66. 2011年10月 [14]
  67. 2011年9月 [14]
  68. 2011年8月 [8]
  69. 2011年7月 [5]
  70. 2011年6月 [9]
  71. 2011年5月 [5]
  72. 2011年2月 [2]
  73. 2011年1月 [4]
  74. 2010年12月 [1]
  75. 2010年11月 [1]
  76. 2010年10月 [3]
  77. 2010年9月 [1]
  78. 2010年7月 [3]
  79. 2010年6月 [6]
  80. 2010年5月 [3]
  81. 2010年4月 [1]
  82. 2010年3月 [2]
  83. 2010年1月 [1]
  84. 2009年12月 [3]
  85. 2009年11月 [3]
  86. 2009年10月 [6]
  87. 2009年9月 [2]
  88. 2009年8月 [7]
  89. 2009年7月 [5]
  90. 2009年6月 [6]
  91. 2009年5月 [5]
  92. 2009年4月 [1]
  93. 2009年3月 [3]
  94. 2009年2月 [1]
  95. 2008年6月 [2]
  96. 2008年4月 [1]
  97. 2007年9月 [2]
  98. 2007年4月 [1]
  99. 2000年1月 [1]

Powered by Movable Type 6.0.4